-

-

NEWS

新着情報

2019.07.19 ガンダムブレイカーモバイル

【GPG編集部 #5】「ガンダムブレイカーモバイル」開発陣にインタビュー!

GPG編集部がお届けするプロデューサーインタビュー第5弾は、2019年7月2日に発表されました株式会社バンダイナムコエンターテインメントから配信されますスマートフォン向けアプリケーション「ガンダムブレイカーモバイル」の開発陣、株式会社バンダイナムコエンターテインメントの二宮プロデューサーと、株式会社カプコンの木原ディレクターにインタビューをおこないました!


左:株式会社バンダイナムコエンターテインメント 二宮プロデューサー
右:株式会社カプコン 木原ディレクター

――7月2日に「ガンダムブレイカーモバイル」が発表され、大きな話題となりました。

二宮P 無事に初報を出すことができ、まずはホッとしました。と同時に、多くの反響をいただき、皆様のガンダムブレイカーへの熱量の高さを、あらためて実感しております。厳しいご意見も含め、できる限り目を通すようにしております。

木原D 開発も佳境に入り、私達も一層身が引き締まっています。近いうちに皆様のもとへ「ガンダムブレイカーモバイル」をお届けできると思います。もう少しお待ちください。

――「ガンダムブレイカーモバイル」の開発はカプコン様が担当されていますね。

木原D お話をいただいた時は正直驚きました。ですが、僕も含めて社内にはガンダム好きがたくさんいましたので、是非!と、手をあげました。

二宮P 今回、開発をカプコン様にお願いさせていただけたのは本当に幸運でした。カプコン様と弊社メンバーで交流をする機会があり、そこでガンダムやガンプラの話で大いに盛り上がったことがきっかけです。ガンダムゲームの開発には、IPへの知見が求められる場面が多くありますので、カプコン様に協力していただければ、とても良いゲームが作れると確信し、開発をお願いした次第です。開発チームの人選も、ガンダムやガンプラに造形の深いスタッフ様を中心にチーム編成していただいております。また、昨今のモバイルゲームのリッチ化を鑑み、カプコン様と組めばハイクオリティなゲームをファンへ提供できると考えた点も、本作においてカプコン様とタッグを組んだ理由のひとつです。

木原D カプコンの強みである部分をしっかりと出しながら、皆様に楽しんでいただけるコンテンツを提供していきたいと思います。

――ガンダムブレイカーをアプリにすることで大変だったのはどんなことでしたか?

二宮P 家庭用ゲーム機でできたことを、どれだけアプリに落とし込むべきか、という点については本当に悩みました。ハード面の制約がたくさんありますから、全部そのまま、という訳にはいきませんので。

木原D たとえば「カスタマイズ」に関しては「ガンダムブレイカー」のコアな遊びですので、可能な限り落とし込めるよう調整しました。ただし、塗装に関しては、サービスインのタイミングではスマホでの操作性を鑑み、カラーパレットでの塗装を実装しております。すでに多数のご意見をいただいている、細かい色の塗分けに関しては、今後アップデートでの拡張を、検討していきたいと考えております。

二宮P また、バトルパートもカプコン様と協議を重ねたポイントです。PVでご覧いただきたいのですが、今作は縦画面でバトルパートを遊ぶことになります。他のアクションゲームだと横画面で遊ばせるものも多いのですが…

木原D 今作のコンセプトを「片手で手軽に遊べる」としましたので、縦画面を推させていただきました。また、縦横だけではなく、UIや操作性についてもたくさんテストを重ねて、今の形に落ち着きました。

二宮P カプコン様のおかげでよい仕上がりになったと思います。ただ、サービスイン後もお客様からのご意見をいただき、アップデートを検討してまいります。

――「ガンダムブレイカー」の面白さといえば、オリジナルガンプラを作る楽しさも忘れてはならない要素の一つです。

二宮P はい。カスタムの要素こそ、今作の最も大事なポイントだと考えております。先程の塗装の機能等、家庭用ゲーム機のシリーズからは一部機能を簡略化している部分はあるものの、アプリゲームとしては、かつてないカスタマイズの自由度をご提供できる、と思っております。

――私も別々のプラモデルパーツを組み合わせて遊んだことがあります(笑)。しかし、現実だとプラモデルの形状によってはくっつけられないものもあって悔しい思いをしたり。

木原D 通常では不可能なパーツの組み合わせも楽しめるのは、ガンダムブレイカーならではですよね。「ガンダムブレイカーモバイル」でも楽しんでいただけると思います。

二宮P さらに、今作では新たに「AIパイロット」の機能を追加し、パーツだけでなくパイロットもカスタムできるようになりました。「俺が創った機体に、どのパイロットを乗せるのか?」という遊びは、ゲームでこそ提供できる遊びなので、是非、楽しんでいただけたら、と思います。

――まさに「ガンプラは自由だ!」ですね。しかし、こうもパーツの種類や量も多くなると、カスタムに慣れてない人は楽しめなくなってしまうのでは?

二宮P カスタムに慣れていない人は「おまかせ最強」というオートビルド機能がありますので、そちらを活用いただければ、と。ストーリー3章くらいまではオートビルドでクリアを目指せるようになっています。3章をクリアすると様々な条件を設定できるオートビルドも開放されます。

――「ガンダムブレイカーモバイル」のストーリーモードはどのような展開になるのでしょうか?

二宮P 「ガンダムビルドファイターズ」系作品と同様、ガンプラバトルの文化が根付いた世界で物語は進んでいきます。ガンプラバトルの初心者である主人公は、同じ学園に通う仲間達や多くのライバル達と切磋琢磨して成長し、ガンプラバトル全国大会での優勝を目指します。
既に公式HP等で発表済ですが、ストーリーで活躍する主要なガンプラはサンライズさんに協力いただき、新規に制作いただいたメカになっています。また、オープニングアニメーションもよい仕上がりになっていますので、まだ見ていない方は是非、ご覧いただければ、と思います。



――最後にGPGをご覧になられている方達へメッセージをお願いいたします。

木原D サービスイン後、機体やキャラクターも順次追加していきますし、皆様に楽しんでいただけるイベントや各種施策も随時検討してまいります。ガンプラカスタム・バトルの楽しさを、一人でも多くのユーザーに届けられるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

二宮P 実は私自身が「ガンダムブレイカー」のファンでして。「スマートフォンでもガンブレで遊びたい!」と思ったことがプロジェクト立ち上げのきっかけなんです。
初報の反響の中には厳しいご意見もございました。家庭用ゲーム機でがっつり遊んでいたお客様からは、不安や戸惑いの声があるのは当然です。ですが、「スマホ版としてはこれもいいね!」と思っていただける仕上がりになったと思っておりますので、皆様、是非一度プレイしていただき、ご意見ご感想をお寄せいただければ幸いです。「ガンダムブレイカーモバイル」をよろしくお願いいたします。


――バンダイナムコエンターテインメント二宮P、カプコン木原D、本日はお時間をいただきありがとうございました。


これまでの記事はこちら!
【GPG編集部 #6】【GPG編集部 #4】【GPG編集部 #3】【GPG編集部 #2】【GPG編集部 #1】

※マイポイントについて※

App Storeにてダウンロード

App Storeにてダウンロード

※一部非対応機種あり
※Apple、Appleロゴ、iPhoneは米国および
他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
AppStoreはApple Inc.のサービスマークです。

Google Playにてダウンロード

Google Playにてダウンロード

※一部非対応機種あり※Google Playおよび
AndroidはGoogle LLC.の商標または登録
商標です。

【データ】
■タイトル名:ガンダムブレイカーモバイル
■対応機種:App Store、Google Play
■ジャンル:スマホでガンプラカスタム&バトル
■リリース日:2019年夏配信予定
■価格:ダウンロード無料 一部アイテム課金

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)創通・サンライズ・テレビ東京